ブログ|カーテクノジャパンアシスト 福祉車両トータルサポート

オフィシャルブログ

こちらでもコロナ禍の中でアスリート達が頑張っています 。

IMG_0865.JPG

コロナ禍の中でブレない前向きな姿勢で頑張っておられます。
名門ボクシングジム会長が選手達アスリート達を守ろうとしている姿勢が素晴らしいですね。
マスコミにも取り上げられています。
皆んなで助け合い応援をと思います。

https://camp-fire.jp/projects/view/386481?list=spo

救援車の増車しました。33号車

image0.jpeg image1.jpeg image2.jpeg

おクルマ救援隊として24時間365日、
お客様のトラブル(故障・事故・バッテリー上がり・パンク・脱輪・インロック・大型トラックのスペア交換等)など自動車保険ロードサービス・その他等。お車救援隊(月2100件の実績)を誇るレスキュー隊が駆けつけます。

CO2排出ガス削減に向けて

世界中が環境破壊される中、取り組む事は、少しでもCO2排出ガス削減に取り組まなければ成りません。
燃費の良いHVの事なら、お任せください。

https://car-techno.spcar.jp/

2030年には、ガソリン車廃止に向けて

https://maonline.jp/articles/ban_on_gascar_sales_in_2030s_also_kills_hvcar201203

世界中がEV車に向けるのは

https://clicccar.com/2020/03/22/963955/?amp

大阪に工場がある業者に特化した修理を行う「カーテクノ ジャパンアシスト(株)」は先進安全自動車の車検・整備 ・鈑金・塗装修理をワンストップでお任せいただけるエー ミング工場作業です。 | Car Techno Japan Assist株式会社のプレ スリリース

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000062913.html

【カーテクノジャパンアシスト】大阪府の財団法人日本技 能研修機構のエーミングセンターがOPEN!「地域統一料金 」「最新機器完備」「48時間納車」にて、普及が進むASVの 機能調整の代行サービスを開始 | 一般財団法人日本技能研 修機構のプレスリリース

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000037.000057527.html

電子制御整備について

これからの整備、特定整備に関しての動画です。

損害保険・生命保険の事なら

家計の見直し・あんしんの見直しなら保険ショップCTJへ
弊社、Car Techno Japan Assist株式会社姉妹会社です。
http//www.car-conveni.co.jp

https://hoken.niaeru.com/shop/osaka/suita-city/detail-1014453/?trk_id=103800&utm_source=criteo&utm_medium=rm_dyn&utm_campaign=1014453

Googleアプリで共有しました

レッカー事業部全国表彰

image1.png image2_2.jpeg

念願でもありました。弊社のレッカー事業部が全国表彰されました。
スタッフ全員に感謝です。
また、上を目指して頑張りたいと思います。全国を代表するリーディングカンパニー様に近付ければと思います。

レッカー事業部システム開発成功

image0.jpeg image1.jpeg image2.jpeg image3.jpeg

おクルマ救急隊として大阪府下全域にスピーディーに効率良く稼働できる様にレッカー事業部でシステム会社様と開発して頂きペーパーレスも出来て集計も楽になり全スタッフが利便性に評価しています。

OBD車検のプレテスト実施について

国土交通省から来年10月から2024年10月に始まる車載式故障診断装置(OBD)活用した自動車検査(OBD車検)に先立ち、来年10月からプレテストが実施されます。
2024年10月から【OBD車検】実施される事に必要な特定DTC【故障コード】やECU情報を一元管理する自動車技術総合機構が一台当たり400円を情報管理費用として微収される事が決定されました。
これからの次世代カーに対して、車検時には、ABS(アンチロックブレーキシステム)やESC(横滑り防止装置)、自動ブレーキ、レーンキープアシストなどといった先進安全運転支援装置、排ガス装置の不具合などについて、車検時に特定DTC【故障コード】エラー不具合の有無が法定スキャンツール(外部故障診断機)を使って新たに車検時に義務付けられます。
これから21年10月以降の販売車(乗用車・トラック・バス・外車)が実施されます。
不具合の有無で自動車技術総合機構のサーバーで行われスキャンツールにインストールした『特定DTC』故障コード照合アプリを介して検査車両の照合や特定DTC(故障コード)情報、合否判定結果の送受信を行う仕組みになっています。
この様なシステムを運用する事でトラブルの可能性を未然に防ぐ為に2024年10月からのスタートに向けて準備として来年10月よりプレテストが開始されます。これにあたり、自動車技術総合機構が特定DTC(故障コード)の読出しに必要な故障コード情報を管理する為の費用として、一台当たり400円が必要になります。
当初は運輸支局に持ち込まれる検査車両が対象となる様です。整備事業者にとってはプレテストに参加する事で、OBD車検の実施に向けた準備体制を整える事ができそうです。
Car Techno Japan Assist株式会社は、技術革新に向けての準備を行って参ります。

https://www.mlit.go.jp/common/001232025.pdf